welcome

直火式焙煎店が使用するコーヒー生豆を販売。コーヒー生豆は100gから販売しております。 スタンダードグレードおよびスペシャルティグレードまで世界各地で生産されたコーヒー生豆をお届けしております。 お届けしておりますコーヒー生豆は、飲用には焙煎加工が必要になります。
コーヒー生豆5,000(消費税別)以上で送料無料サービス実施中!!
---沖縄県へのお届けは除きます---

★沖縄県へのお届けについて
  ご注文いただいた後に、送料を再計算する場合がございます。
  沖縄県へのお届けの場合、銀行振込(前払い)でお願いいたします。


・・・ただ今新規にご登録いただくと100ポイント進呈中!!(登録無料)

※メール連絡について※
ご注文いただきました後は、電子メールで発送等のご連絡を送信しております。ご注文完了後にまもなく自動送信メールが送られております。
メール未着信の場合は、フィルタリング設定やゴミ箱をご確認いただきますようお願いいたします。
送信元のドメインは、 @e-coffee.jp となります。
ご連絡は、すべてご注文時にご登録いただきましたメールアドレスへご連絡申し上げております。

店長モノローグ

Bluebottleやスーバックスで、コーヒーを目の前で抽出していただけるようになりましたね。

抽出の様子を細かく見てしまいました。

 

コーヒーは抽出技量の差が風味に影響するのでしょうか?

私たちが飲むコーヒーはコーヒー生豆を原料にして焙煎加工(ロースト)したコーヒー豆を使用して抽出しています。

風味に影響する要素は?と考えてみますと、

1.コーヒー生豆 に何を使うか?

2.コーヒー生豆 がどのように焙煎されたか?

3.コーヒー豆がどのように粉砕されたか?

4.お湯の温度・量

5.抽出時間

の5つがあります。

1、2は“コーヒー豆選び”で抽出段階では何もできない要素です。1.2が風味のポテンシャルということになります。

3,4,5が抽出時のパラメータになります!

3.コーヒー豆の粉砕はどのくらいの粒度にするか?

粗いほど酸味が強くなり、細いほど苦味が強くなります。これは、お湯に接したコーヒーの成分の出方によるものです。先に酸味系の味が出ます、苦味が追っかけるように出ます。粗いほど苦味が遠いところにあるとイメージしてください。

4.お湯の温度は熱いほうがいいの?

熱いほど苦味が強くなり、温いほど酸味が強くなります。これも、コーヒーの成分の出方によるもので、熱いほど成分が早く出てきますので苦味が出てくるようになります。

5.抽出時間は長いほうがいいの?

抽出時間は、ハンドドリップでは長い短いのみならす、お湯に接する時間もパラメータになります。

同じ2分間のハンドドリップでも、10回お湯を注ぐ小口注ぎと2回に分けて注ぐのではコーヒーの成分が出てくる様子が変わります。

 

この3点のパラメータで風味が決まります。何がいいのかという絶対的な正解はありませんので、お好みのバランスを見つける必要があります。ただなんとなく抽出しているよりは、3つのパラメータを意識して抽出すると何か発見できるかもしれません。

新着コーヒー生豆