1kgグァテマラ コーヒー生豆

グァテマラのコーヒー産地は大部分が山間地で、豊富できれいな水源に恵まれ寒暖の差が大きいという特徴があります。メキシコの平原から吹く風に守られている産地、火山活動によりミネラル豊富な肥沃な土壌がある産地など300以上の気象要因により様々な場所で様々な風味のコーヒーが生みだされています。
1980年代からANACAFEが先導し、地区別コーヒー生豆としてのプロモーション活動をスタートさせています。(アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハーネス)。

グァテマラ コーヒー生豆の輸出規格
SHB〜GWの7等級 栽培地域の標高による

トレーサビリティのあるコーヒー生豆(生産地域、生産農園、品種など)は個々に名称がついて流通しています。

通常品(スタンダードグレード)より上位品として取り扱われます。


14