コーヒー生豆 COE2012エルサルバドル 【1kg】 [coe2012elsal]

コーヒー生豆 COE2012エルサルバドル 【1kg】 [coe2012elsal]

販売価格: 2,980円(税込)

商品詳細


コーヒー生豆 COE2012エルサルバドル

農園名 : Pena Redonda (ペーニャ レドンダ)
農園主 : Carlos Mauricio Lemus Landaverde (カルロス マウリシオ レムス ランダヴェレデ)
エリア : Chalatenango, La Palma (チャラテナンゴ、パルマ市)
品種 : Pacamara (パカマラ)
順位・スコア : 第10 位 、スコア86.62
審査員コメント : aroma/flavor - caramel, peach, mango, floral, green apple, clove, cinnamon, honey, coconut
(アロマ/フレーバー - キャラメル、ピーチ、マンゴー、フローラル(花)、青りんご、チョウジ、シナモン、ハチミツ、ココナッツ
acidity - citric, complex, structured, malic
(酸味の質 - 複雑な、構造的な、リンゴ酸)
その他 - creamy, buttery, long finish
(その他 - クリーミー、バターのような、リンゴ酸 )

エルサルバドルは、カップオブエクセレンス10周年を迎えます。
エル・サルバドルは、北と西をグァテマラ、東にホンジュラスと国境を接しています。小さな国です
が、多くの火山があり、肥沃な火山灰性の土壌、高い山々がコーヒー栽培に適しています。コーヒ
ーの原種に近いブルボン種が多く残っており、香り高く爽やかな酸味、バランスのとれたコーヒーが
多いことで有名です。ペーニャ・レドンダ農園は北部ホンジュラスとの国境近くにしております。
【生豆の状態】543 2 1

【カップ・オブ・エクセレンス】(Cup of Excellence)は、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞で、中南米を中心に各国でコンテストが行われています。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により風味・品質に焦点を当てユニークで稀有な『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけが称号を授与される『カップ・オブ・エクセレンスCup of Excellence』。 カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、最高品質のスペシャルティコーヒーだけが持つ際立つ特有の風味、雑味がなく、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています。

他の写真